ホーム > 検査画像 > 検査画像集(超音波検査)

ここからページの本文です

検査画像

検査画像集(超音波検査)

頸動脈エコー

 頸動脈(首の動脈)は、心臓から脳へ血液をおくる大事な血管で、動脈硬化によって血管の壁が厚くなっていないか、また血液の流れが悪くなっていないか等を調べます。

症例1. :69歳男性

 来院時の症状:急に言葉が話せなくなる。脳梗塞疑いで頭部CT撮影。CT画像では特に特記すべきものはなく、一過性脳虚血発作(TIA)と判断。頸動脈の病変を検査した。  

 画像所見①動脈硬化の進行で、脳へ行く血管が狭くなっている。

      ②血管壁の断面厚が2.2㎜(1.1㎜以上の厚さで「動脈硬化あり」

ecoh1.jpgecoh2.jpg

 診 断:一過性脳虚血発作では内頚動脈起始部のアテローム硬化性の動脈硬化が原因となることが多く、今回も血管の狭窄がみられる。治療はEPAを中心とした薬やスタチン系の薬を用いて動脈硬化の進展を防ぎ、血小板凝集抑制する薬を追加。脳梗塞へのリスクが高いので服用と経過観察が重要です。

患者様にはこちらの検査レポートをお渡ししています。

dprepo.jpg

腹部エコー
観察①正面・右側.jpg 観察②右側.jpg 観察③右側.jpg
肝臓の左側を観察 肝臓の右側を観察
観察④右側.jpg 観察⑤右側.jpg 観察⑥右側.jpg
胆のうを観察 胆管を観察 肝臓の右側・右腎臓を観察
観察⑦左側.jpg 観察⑧左側・正面.jpg 観察⑨正面.jpg
脾臓・左腎臓を観察 膵臓を観察

前立腺エコー

 エコー検査で前立腺の大きさ(容積)を測定します。

 容積が10~20mlで正常~軽度肥大、20~50mlで中度肥大、50ml以上で高度肥大と判断します。

前立.jpg

 受診者 71歳男性

・来院時の症状 頻尿、尿意切迫、尿線が弱く、キレも悪いとの主訴

・エコーの所見 大きくなった前立腺が膀胱の中に突出している。(下の画像)

・診断 前立腺は肥大化し膀胱を圧迫、前立腺の容積が60.8mlと大きく前立腺がん、前立腺肥大として、手術適応も含めて泌尿器科へ紹介するもまだ手術適応外、前立腺がんも否定しているとの回答。内服薬で加療開始。

ここからカテゴリ共通メニューです

検査画像