ホーム > 検査画像 > 検査について

ここからページの本文です

検査画像

検査について

  • レントゲン検査(CRシステム)

  • X線を用いて胸部、腹部、骨などの写真を撮影する検査です。
  • 当院ではCRコンピューテッドラジオグラフィー)を導入しています。従来のフィルムを用いた方法と違い、撮影した画像をコンピューターで処理し、診断しやすい画像に調整できます。
  • 検査時間は数分です。

CT検査(16列マルチスライスCT)

16-CT-Supria_large.jpg
  • X線を用いて、体の中の様子をコンピューター処理し、輪きり(断層)の写真を得る検査です(レントゲン検査より、詳しく精密に診断できます)。
  • 検査時間は部位にもよりますが3~5分程です。
  • 検査画像

         内臓脂肪検査(メタボリックシンドローム)

             腹部のCT画像から皮下脂肪や内臓脂肪の面積を求めます。

            ・ 参考画像

        肺機能検査

            ・ 胸部のCT画像から肺胞が破壊されている部分に色付けして肺

              全体の機能を評価します。

            ・ 参考画像

   

胃バリウム検査(DRシステム) 

  • バリウムを用いて、食道・胃・十二指腸をX線で撮影する検査です。
  • 当院ではDR(デジタルラジオグラフィー)を導入しています。従来のフィルムを用いた方法と違い、撮影した画像をコンピューターで処理し、診断しやすい画像に調整できます。
  • 検査時間は10分程です。
  • 参考画像

心電図検査

心電計.JPG
  • 心臓の拍動に伴って生じる電気活動を記録する検査です。
  • 検査時間は3~5分程度です。

【負荷心電図】運動をしたときに症状が現れる場合に行う検査です。
【ホルター心電図】24時間持続的に心電図を記録する検査です。

血圧脈波検査

血圧脈波検査.JPGのサムネイル画像
  • 両手,両足首の血圧を測定し、動脈の硬さや詰まりの程度、血管年齢を調べます。
  • 検査時間は5分程度です。
  • 加齢とともに血管は老化していきますが、食事や運動不足などの生活習慣によって、血管の老化スピードは速くなります。血管年齢を調べ、突然起こる血管の病気を予防しましょう。 
  • 検査結果

超音波検査

  • 超音波を用いて、体の内部を写し出す検査です。
  • 検査部位は頸動脈・甲状腺・腹部・前立腺です。
  • 検査時間は10~15分程です。
  • 検査画像

内視鏡検査(胃カメラ検査)

  • ファイバースコープを口から挿入して、消化管の病変の有無を調べる検査です。
  • のどに麻酔し、ベッドに横になります。医師がモニターで確認しながら撮影します。
  • 検査時間は10分程です。

肺機能検査

DSCF0467.JPG
  • 空気を肺内に出し入れする換気機能を調べる検査です。
  • 息苦しい、咳や痰が出るなどで肺の病気を疑う場合に行います。
  • 検査時間は5~10分程です。

骨塩定量検査

  • 骨の密度が低下していないかを調べる検査で、おもに骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を診断する検査です。
  • X線を用いて骨塩量を測定します。
  • 検査時間は1分程です。

認知症検査

  • 問診、認知症簡易テスト(HDS-R、MMSE)
  • 時計描画テスト、臨床的認知症尺度(CDR)
  • 成年後見人制度の診断書についてもご相談下さい。

ここからカテゴリ共通メニューです

検査画像